梅澤瑠美子

記事一覧(16)

金継ぎ教室(横浜・藤棚デパートメント)

1月〜3月で、全5回の金継ぎ教室を開催致します。壊れた陶磁器を天然素材である漆で直していきます。道具はこちらで用意したものを貸し出ししています。●日程第1回 1/23(水)第2回 2/20(水) 第3回 3/6(水) 第4回 3/20(水) 第5回 3/27(水)  ※全日程をご参加ください ●時間  10:00~12:00(回によって1.5時間から2時間程) ●場所  藤棚デパートメント 〒220-0051 横浜市西区中央2-13-2 伊勢新ビル1F  (相鉄線西横浜駅・京浜急行戸部駅から徒歩約10分 ) ●金額 全5回分 21,600円(仕上げに使用する金属粉は錫粉・真鍮粉になります。金や銀で仕上げたい方は別途購入することができます。) ●定員6名(最小催行人数2名)  ●持ち物 ・割れた器1個、欠けた器3個まで。割れも欠けも最低1点ずつお持ちください。(5回の講座で直せる器→割れの器の場合、2つに割れたもの、もしくは3つに割れたもの。欠けの器の場合、欠けた部分の深さ5mmくらい。) ・エプロン(漆による汚れは、布に着くと取れませんので、汚れてもいいものでお願い致します) ・カッター ・器を持ち帰るための箱。(なるべく重ねずに入るもの) ●漆かぶれについて 漆は個人差はありますが、かぶれることがあります。漆が肌に直接触れないように教室ではゴム手袋を毎回配布します。教室での作業でかぶれてしまった際、こちらで責任を負うことができませんので、あらかじめご了承ください。  ●お申し込み・お問い合わせ  umerumi727⭐︎gmail.com(梅澤瑠美子) →お手数ですが、☆の部分を@に変えて送信してください。 お申し込みの際は、氏名、電話番号の明記してください。 お申し込みの締切は1月14日まで。  

金継ぎ教室(横浜・藤棚デパートメント)

9月25日からスタートして5回の講座で直していきます。欠けてしまった器、割れてしまった器を漆で繕い、破損部分に金を飾る技法を金継ぎといいます。天然素材を使って直すので、安心してまた食器として使うことができます!道具もこちらで用意しますので、お気軽に参加下さい。●日程第1回 9/25(火)第2回 10/9(火) 第3回 10/23(火) 第4回 11/6(火) 第5回 11/13(火)  ※全日程をご参加ください ●時間  10:00~12:00  ●場所  藤棚デパートメント 〒220-0051 横浜市西区中央2-13-2 伊勢新ビル1F  (相鉄線西横浜駅・京浜急行戸部駅から徒歩約10分 ) ●金額 全5回分 21,600円(仕上げに使用する金属粉は錫粉になります。金や銀で仕上げたい方は別途購入することができます。) ●定員6名(最小催行人数2名)  ●持ち物 ・割れた器1個、欠けた器2個まで。(5回の講座で直せる器→割れの器の場合、2つに割れたもの、もしくは3つに割れたもの。欠けの器の場合、欠けた部分の深さ5mmくらい。) ・エプロン(漆による汚れは、布に着くと取れませんので、汚れてもいいものでお願い致します) ・カッター ・器を持ち帰るための箱。(なるべく重ねずに入るもの) ●漆かぶれについて 漆は個人差はありますが、かぶれることがあります。漆が肌に直接触れないように教室ではゴム手袋を毎回配布します。教室での作業でかぶれてしまった際、こちらで責任を負うことができませんので、あらかじめご了承ください。  ●お申し込み・お問い合わせ  umerumi727⭐︎gmail.com(梅澤瑠美子) →お手数ですが、☆の部分を@に変えて送信してください。 お申し込みの際は、氏名、電話番号の明記してください。 お申し込みの締切は9月16日まで。